「株入門」バフェットコードを読むための株用語辞典

「株入門」バフェットコードを読むための株用語辞典

バフェットコードを読むための株用語辞典!株入門!買い時、売り時、長期投資、用語編

「株入門」バフェットコードを読むための株用語

「株入門」バフェットコードを読むための株用語辞典
バフェットコードは、初心者から上級者に取って、大変便利な財務分析表です。
バフェットコード社が提供してくれています。
※ウォーレン・バフェットとは関係ありません。が、彼の精神を生かしていると思います。

 

「株入門」バフェットコードを読むための株用語辞典
株初心者のための勉強|長期投資、買い時、売り時、株の初め方
知れば知るほど株が面白い!

 

「株入門」バフェットコードを読むための株用語辞典

バフェットコードの1ページ目に出て来る順番に「株用語の簡単説明」を書きました。
※他のページ「株入門 株用語簡単知識」などと重なるものもあります

 

時価総額

株価×発行済株式数
企業の規模を示す数字です
会社が潰れても返済しなくても良いお金です

 

PER

株価収益率 Price Earnings Ratio
株価が1株当たりの純利益(EPS:Earnings Per Share)の何倍で買われているかを見ます。
よく10以下は割安と言われます。が、基準は国や業種によって違いますので確認が必要です。

 

ROE

自己資本利益率 Return On Equity
株主資本に対して、どれだけ利益を上げているか
ROE(%)=当期純利益 ÷ 自己資本 × 100
10%~20%が標準、マイナスは赤字
高いほど効率的に利益を稼いでいる

 

ROA

総資産利益率 Return On Assets
当期純利益 ÷ 総資産 × 100
5%が標準
高いほど効率的に利益を稼いでいる
※総資産とは、返済の必要がある資本と返済の必要がない資本の合計です

 

財務レバレッジ

財務レバレッジ(倍)=総資本÷自己資本
総資本=他人資本+自己資本なので、借り入れが大きくなると上昇します。
どういう借り入れをどのくらいして、どう生かしているかを調べる必要があります。

 

自己資本比率

自己資本比率=純資産÷総資本(負債+純資産)×100
自己資本比率とは、返済不要の自己資本が全体の資本調達の何%を占めるかを示す数値
40%以上が潰れない目安

 

総資産

純資産と負債の合計
純資産は、資本金、資本剰余金、利益剰余金、自己株式など
負債は、支払手形、買掛金、短期借入金、未払金、前受金、預り金、仮受金など

 

配当利回り

配当利回り=年間1株配当金÷株価×100
会社によって違いがあり、また年間の業績などによって変動します

 

PTS株価

深夜でも、証券会社内で株を売買することができるシステム。東証とは関係がありません。

 

EBITDA

税引前利益に支払利息、減価償却費を加えて算出される利益

 

EV

企業価値 Enterprise Value
買収に要する時価総額と買収後に返済する必要がある金額の合計
価値には、時価総額などの目に見える資産と、知的財産、ブランド力、成長性などの目に見えないものがあります

 

EV/EBITDA

簡易買収倍率
企業を買う時、初期投資額を何年で回収できるかを判断する役に立つ
6.6倍が中央値

 

N/A

該当なし (not applicable)、利用できない・ない (not available) のこと

 

PBR

株価純資産倍率(=解散価値) Price Book-value Ratio
PBR=株価÷一株当たり純資産(BPS)
PBR=1未満であれば、株価は割安

 

PSR

株価売上高倍率 Price to Sales Ratio
PSR=時価総額÷年間売上高
0.5倍以下だと株価が割安、20倍を超えると割高と言われる

 

ROIC

投下資本利益率 Return On Invested Capital
調達資金に対して、どれだけ利益をあげたか
ROIC=税引き後営業利益÷(株主資本+有利子負債)
7%以下は、事業の再検討が必要

 

ROIC、ROE、ROA

ROIC 操作することが難しい。 株主と債権者からの調達コストに対応した収益力を測定できる
ROE 財務レバレッジにより操作可能
ROA ROICと違い、事業負債まで含む

 

β

ベータ値
市場全体の動きを1とした時、その企業の株価がどの程度変化するかを数値化したもの
値が大きい=値動きが大きい

 

PEGレシオ

Price Earnings Growth Ratio
株価収益率(PER)が割高か割安かを図る指標。
PEGレシオ=PER÷1株当たり利益成長率
1未満割安、2以上割高

 

利益成長率

1株当たり利益を前年同期と比べた比率
経常利益増加率=(当期利益-前期利益)÷前期利益×100

 

収益性

投下資本に対してどれだけの利益を稼いだか

 

CAGR

年平均成長率
Compound Annual Growth Rateの略
10年のCAGRを見れば、会社の本質的な力が分かります

 

収益率と利益率

収益はどれだけ売上があったか
利益はどれだけ儲かったか

 

営業利益

「営業利益」=「売上高」-「売上原価」-「販売費・一般管理費」
「営業利益率」=「営業利益」÷「売上高」×100.
「売上総利益」=「売上高」-「売上原価」
「経常利益」=「営業利益」+「営業外収益」-「営業外費用」

 

EPS

1株当たりの純利益 Earnings Per Share
EPS=当期純利益÷発行済株式総数
株価が収益の何倍まで買われているかを示す
※PER(株価収益率)=株価(時価)÷EPS

 

配当性向

配当性向(%) = 1株当たりの配当 ÷ EPS × 100
一般的には30~40%
配当金額は、業績や経営姿勢などによって変わりますので、今期が高配当株だからと言っても、それがずっと続くわけではありません。

 

健全性・安全性

倒産しにくい会社
ただし、数字だけに頼るのではなく、項目に表れた内容のチェックが必要です

 

(1)自己資本比率
自己資本÷総資本
一般的には、50%以上は優良企業、30%程度は安全

 

(2)固定比率
固定比率=固定資産÷自己資本×100
100%以下は固定資産をすべて自己資本でまかなえている
100%を上回るほど借金に依存している

 

(3)固定長期適合率
固定長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債)×100
100%より低いほど安全性が高い

 

(4)流動比率
流動比率=流動資産 ÷ 流動負債 × 100(単位%)
流動負債(すぐ支払わなければならない)に対して、流動資産(すぐ現金化できる)がどれくらいあるかを示す
流動比率が高いほど短期的な支払能力が高い
一般的には120%を超えていれば安全

 

(5)当座比率
当座比率=当座資産÷流動負債×100
流動比率よりも短期の支払い能力を判断できる
健全目安は100%以上

 

現地確認
これはバフェットコードにはありませんが、ウォーレン・バフェットが行います。
経営陣、会社の無駄贅沢、雰囲気、従業員の声、出入り業者の声、近辺の声、実店舗での販売状況などなどを現地確認します。

 

「株初心者のための勉強|長期投資、買い時、売り時、株の初め方」
株が面白い、株を始めよう
「株入門」バフェットコードを読むための株用語でした。

 

証券会社へどうぞ。

株が面白い!株を始めるなら証券会社

[サイト作成ソフト 広告]

 

次世代サイト作成ソフト「SIRIUS2」

サイト作成ソフト「SIRIUS2」

SIRIUS2|価格・機能・レビュー・販売

 

 

 

[広告]

 

SEO対策!ラッコキーワード無料ツール(有料版あり)

SEO対策!ラッコキーワード無料ツール

 

サイトを売りたい!サイトを買いたい!

あなたのサイトを売買できます